言葉をコンピュータの言語に書き換える仕事をするのがIT系の求人にあるプログラマーと言われる人たちです。

IT求人で求められるプログラマーの技術とは

IT求人で求められるプログラマーの技術とは

IT系の求人のプログラマーとコンピュータの関わり

コンピュータは大変便利なものですが、コンピュータに何かしてもらいたいときに私たちがいつも使っている言葉で話しかけても、それを理解して動いてくれるわけではありませんよね。もちろん、既にそういうプログラミングが組まれているコンピュータならば既にそういうものが存在するかもしれません。しかしここの段階ではまだプログラミングが入っていないコンピュータのことを想定しています。IT系の求人にもあるプログラマーという仕事は、このコンピュータに何かをしてもらいたいという私たちの日常の言葉を、コンピュータの言語に翻訳するという役割を担っています。つまり、人間とコンピュータの言語のやり取りを担当しているということです。

プログラマーはコンピュータを動かすためのソフトウェアの開発に関わります。ソフトウェアというのはプログラムとも呼ばれていて、プログラムというのはコンピュータに何をさせるかということを説明するための手順書のようなものです。この手順書は私たちが普段使っている言葉で書いてもコンピュータには理解することはできませんから、ここでプログラマーがプログラミング言語というものに書き換える必要がでてくるのです。この言語は、人が見てもだいたいどのような内容が書かれているのかを把握することができる範囲で書かれています。プログラミング言語には色々な種類がありますが、それぞれの言語がそれぞれの役割を持っているので、どれが一番優れているとか劣っているなどの上下関係はないそうです。

関連リンク

Copyright (C)2017IT求人で求められるプログラマーの技術とは.All rights reserved.