IT系の求人の中で自分が一番難しいと思っているプログラマーについての事を大学の体験談と共に書いています。

IT求人で求められるプログラマーの技術とは

IT求人で求められるプログラマーの技術とは

IT系の求人で一番難しいのはプログラマー?

自分は昔プログラマーに憧れて情報系の大学に入ってプログラムを勉強をしようと思い高校時代に頑張って勉強して自分の中では理想の情報系の大学に入学する事ができました、最初は16進数法など基礎的な部分を1年生の時勉強して情報計算の基礎を学びました、情報系の勉強をしていなかった自分にはこの計算に慣れるまでかなり時間がかかりましたね、そして2年生の時に初めてプログラムと言うものを書きました、ちなみに言語はjavaで本当に基礎から初めて一応多少の知識は得たつもりなのですがプログラムの最後の授業で自分のオリジナルのプログラムを作ってみよう、と言うテストがあり自分は簡単なdos画面で遊べるゲームを作ったのですがそのゲームが出来るまで3週間くらいかかりましたね、「プログラムは難しい」とその頃から限界を感じていました、そして3年生になり自分が出した答えは「自分はプログラマーに向いていない」と言うちょっと後ろ向きな答えです、理由はやはりプログラマーと言う職種は毎日画面と見つめ合って絶えず文字を打つ、この作業は自分には向いていないと思いました。

そして先生からも「プログラマーは肉体労働に近い職種だよ」と言われて更に自分には向いていないと思いましたね、もちろん1日中パソコンと向き合っても大丈夫な人、そして精神力がある人、そのような人がプログラマーに向いていると思いました、個人的には才能より精神力の強さの方がプログラマーになるための一番のポイントだと思いましたね、このような大学生活を送ったので求人サイトなどを見てIT系の求人のプログラマーの欄の中に「職業はプログラマーです。」と書いている人は本当に尊敬してしまいますね。

関連リンク

Copyright (C)2017IT求人で求められるプログラマーの技術とは.All rights reserved.